YouTube攻略

高品質なゲーム実況動画ができる?!【別撮りのメリットとデメリット】

高品質なゲーム実況動画ができる?!【別撮りのメリットとデメリット】
  • ゲーム実況をするときによく聞く「別撮り」「まとめ撮り」ってなに?
  • どっちの撮影方法がいいの?

本記事ではこんな悩みを持った方に向けて、下記内容で解説していきます!!

本記事の内容

  • ゲーム実況の撮影方法は2択【別撮りとまとめ撮り】
  • それぞれのメリットとデメリット
  • 別撮りの最大のメリットは高品質な動画を作れるということ

8月頭に「ゲーム実況をするぞ!!」と意気込んで機材を揃えたわたし。

ゲーム実況なんてしたことないし、見るのとやるのでは大違い

って、思って、その度に試行錯誤の繰り返しです笑

そこで今回は、わたしが実際にゲーム実況をやってみて、「これはやってよかった!!」と感じたことの解説記事を用意しました。

やってよかったことは2つあるんですが、まずは第一弾として「別撮り」について解説しようと思います。

ゲーム実況の撮影には「別撮り」と「まとめ撮り」があります。

本記事ではメリットとデメリットをお話ししつつ、わたしが別撮りを選んでよかったと思った理由について解説をしていきます。

ゲーム実況がうまくできないっていう人は、ぜひ参考にしてみてください。

ゲーム実況の「別撮り」ってなに?

はじめに、

ゲーム実況をするときによく聞く「別撮り」「まとめ撮り」ってなに?

という方のために、下記内容を解説します。

  • 「別撮り」「まとめ撮り」とは
  • メリットとデメリット

ではみていきましょうっ

ゲーム音と自分の声を分けて撮影するのが「別撮り」

別撮りとは文字通り、別に撮影するってこと。

何を別に撮影するかっていうと、「ゲーム音とマイク音を別に撮影する」ということです。

別撮りとまとめ撮りの2択

別撮りともう一つ、まとめ撮りという方法があります。

まとめ撮りは「ゲーム音とマイク音を一緒に撮影する」ということです。

ゲーム実況する場合は、この2つから自分に合った撮影方法を選ぶことになります。

別撮りのメリットとデメリット

冒頭でお話ししましたが、わたしは別撮り推奨派!!

それは、別撮りのメリットがわたしにとって大きかったから。

そう!!

別撮りとまとめ撮り、この2つの撮影方法にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

別撮りのメリット

別撮りのメリットは3つあります。

  1. マイク音を編集で消せる
  2. 音量のバランス調節ができる
  3. 融通が利く

どんなときにマイク音を消したいかっていうと、くしゃみとかペットの鳴き声とか生活音。

うちではインコを飼っているのですが、「呼び鳴き」と言って大声で鳴き続けることがあります。

わたしが視聴者なら、インコの鳴き声がずっと聞こえてきてて動画に集中できないな〜って感じます。

そして、音量のバランスを調節する意味でも、別撮りは有効です。

別撮りであればマイク音だけ上げることができます。

つまり、実況初心者にありがちな「声が小さくなって聞こえづらい」という現象を回避できるってわけです。

3つ目のメリット「融通が利く」については、次の章で詳しく解説します!!

別撮りのデメリット

じゃあ逆にデメリットは何かというと、初心者向けではないということ。

編集ソフトで映像と音声を合わせる必要がある→動画編集ソフトのスキルが必要

マイク音とゲーム音が一緒になっているまとめ撮りだと、そのデータだけ編集しちゃえばOKなので、別撮りより作業が簡単です。

スタートしたばかりのチャンネルを伸ばすには、やっぱり動画の投稿数も必要です。

編集に時間をかけていたら動画の本数を稼げないので、初心者の人はまとめ撮りがおすすめされることが多いです。

別撮り最大のメリット【高品質のゲーム実況動画を実現】

わたしもゲーム実況初心者なので、まとめ撮りの方がきっといいんでしょう。

編集も楽だし、投稿頻度上げれますからね。

それでもわたしが別撮りを選ぶのには、理由があります。

  1. 音を編集でカットできる
  2. 音量調節ができる
  3. 融通が利く

1と2は先に説明しましたね。

わたしが別撮りを選ぶいちばんの理由は、3つ目の「編集の融通が利くので高品質な動画に仕上がる」というメリットがあるからです。

高品質な動画に仕上がる【わたしが別撮りを選ぶ理由はこれ】

繰り返しになりますが...

編集に時間がかかるのを承知の上でわたしが別撮りを選ぶのは、編集の自由度が上がって自分がやりたい編集ができるからなんです。

  • ここに、この音を入れたいな〜
  • この場面では映像を一旦止めて、解説を入れたいな〜
  • カットAとカットBを入れ替えたいけど、流れの整合性が取れなくなっちゃうな〜

こんな感じで、やりたいことや、やりたいけどまとめ撮りだとできないことって、結構出てきます。

別撮りだと、こういうときに融通が効きやすいんです。

そして、

融通が利くということは自分の意図する動画に仕上がる、つまり、高品質な動画にできるってことなんです。

編集はスキルは、使っていくうちにレベルが上がっていきます。

投稿頻度は、自分のスキルと相談しながら無理のないスケジュールをあらかじめ立てておけば問題ないです。

  • 投稿スケジュールを立てる
  • 別撮りでゲーム実況する
  • 完璧を狙わない編集をする

完璧を狙って編集するといつまでたっても動画を投稿できないので、60〜70%くらいの出来だな、と思ったら投稿しちゃいましょ。

そうすることで、投稿頻度を落とすことなく編集スキルを上げられます!!

まとめ:メリットを活かしたゲーム実況にしよう【おすすめは別撮り】

記事のポイントをまとめちゃいますっ

  • ゲーム実況は別撮りとまとめ撮りがある
  • 別撮りは、編集の融通が利くけど初心者にはハードルが高い
  • まとめ撮りは、編集の手間が少ないけど微調整が難しい
  • 高品質な動画にしたいなら別撮り推奨

こんな感じ!!

自分に合った撮影方法を選ぼう

別撮り信者みたいな記事になってしまいましたが、自分の思考と相談しつつ、今の自分に合った撮影スタイルを選ぶのがベストです。

  • 編集に時間をかけて消耗→やる気なくなって投稿しなくなる
  • 微調整できなくて消耗→やる気なくなって投稿しなくなる

いちばんよくないことは、挑戦を諦めちゃうことです。

  • 何をしたいのか
  • 何を優先するのか
  • ターゲットは誰なのか
  • どんな動画にするのか
  • 動画の長さはどれくらいか
  • 投稿頻度はどれくらいか
  • スケジュールはどうするか

一口にゲーム実況動画といっても、考えることはたっくさんあります。

(羅列したけどこんなにあるのか!!って萎えないでね?!笑)

試行錯誤しながら、そして自分も楽しみながらできる方法で、ゲーム実況をしていきましょう!!

ーーーーー

本日は以上となります!!

後日、やってよかったことの解説記事第二弾として、台本のお話をするので楽しみにしていてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたっ

ーー追記ーー

台本に関する記事をまとめましたので、こちらも合わせてご覧ください。

≫ブレない動画になる?!ゲーム実況に台本を活用【メリットは3つ】

-YouTube攻略

Copyright© MYSEROOM , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.